野球部史(6)

同朋大学硬式野球部の歴史(6)

(2001~2005)

2001年(平成13年)
 <記事>連盟を離脱しIリーグとして活動していた愛大・愛工大・中京大・
    
名城大・名古屋大の5大学が連盟に臨時部として復帰した。
     実力校を早く昇格させるための臨時措置と連盟の活性化の名目で
     入替戦を2校づつ行うことになった。
     昨秋学泉大に入替戦で敗れ2部降格となったが、春季リーグで優勝し
     一部との入替戦で学泉大にリベンジし1シーズンで一部に復帰した。         
              

     渋谷知章(4年愛工大名電)が打撃賞を受賞した。秋季リーグ戦は
     詳細不明だが、山本篤志(3年国士舘高校)が最優秀投手賞を受賞
     した。
 

 

部 長 矢留文麿   監 督 戸田大介   コーチ    

主 将 橋口隆志   主 務 橘  裕   マネージャー      

卒業生 福井康則   鈴木貴博  秋田 淳  橋口隆志  小林克洋
    
岡部慎也   大野兼司  渋谷知章  
       
    
 春季リーグ成績(2部1位)

  同朋大×名経大  ○ 3-0  
   同朋大×名経大  ○13-3  
  同朋大×愛教大  ○12-4  

   同朋大×愛教大  ○16-1  

  同朋大×大同大  ○26-1  

  同朋大×大同大  ○25-3  

 同朋大×名工大  ○14-0   

 同朋大×名工大  ○ 6-2  

 同朋大×日福大  ● 1-5  
  同朋大×日福大  ○11-5  

 同朋大×日福大  ○  6-4
  
 

順位   優勝  同朋大    10勝 1敗 0分 勝点5
     
2位  名古屋経済大  8勝 3敗 0分 勝点4
     
3位  日本福祉大   7勝 4敗 0分 勝点3
     
4位  愛知教育大   5勝 6敗 0分 勝点2
     
5位  大同工業大   2勝 8敗 1分 勝点1
     6位  名古屋工業大  0勝10敗 1分 勝点1

   首位打者賞 渋谷 知章(愛工大名電 4年)

 

1部2部入替戦

 同朋大(2部1位)×学泉大(1部6位)2勝0敗で1部昇格

 同朋大×学泉大  ○17-2  
 同朋大×学泉大  ○ 7-2

  

 

新人戦
 
 同朋大×名城大  ● 0-11 1回戦7回コールド負け

 

 

 秋季リーグ成績(1部)不明

         
  
 

  最優秀投手賞 山本 篤志(国士舘 3年)

    防御率 1.57

 

 

 

2002年(平成14年)
 <記事>連盟に復帰した愛大・愛工大・中京大・名城大が順当に勝ち上がり
     秋季リーグ戦では愛大・愛工大と2部で対戦したがストップをかけ
     る事ができなかった。

     
 

部 長 矢留文麿   監 督 戸田大介   コーチ   

主 将 大西正人   主 務 橘 裕  マネージャー 石郷岡千沙 大友尚子   

卒業生 山本篤志   松浦元聡   内藤康貴   古川将之  橘 裕
    田邉智史   林 宏幸   大西正人   石郷岡千沙
     灰田慎吾   小出浩輔
    
    
 

 春季リーグ成績(1部)不明
 順位・戦績不明だが入替戦にて2部降格 

 

秋季リーグ成績(2部4位)

    同朋大×愛 大  ● 1-9  岩井・坂野―城田
   同朋大×愛 大  ● 2-7  坂野・山本―城田

  同朋大×名経大  ● 4-9  

   同朋大×名経大  ○ 5-4  

  同朋大×名経大  ● 0-8
  詳細不明  
  

 

順位   優勝  愛知大    10勝 2敗 0分 勝点5
     
2位  愛知工業大   9勝 3敗 0分 勝点4
     
3位  名古屋経済大  7勝 6敗 0分 勝点3
     
4位  同朋大     6勝 7敗 1分 勝点2
     
5位  愛知教育大   3勝 9敗 0分 勝点1
     6位  学泉大     2勝10敗 1分 勝点0

 

 

2003年(平成15年)
 <記事>春3位、秋3位と臨時部から昇格してきた名城大や中京大など
     実力校の壁は厚く、2部に定着した感のある年だった。

    

部 長 矢留文麿   監 督 戸田大介   コーチ   

主 将 城田圭介   主 務 早川慎吾   
マネージャー 赤堀仁美 上田知沙 神谷真弓 杉原広美
  
卒業生 細淵 良  城田圭介   柴田康弘
   須藤雅人  

    前田和貴  成田勇一   宮田孝志   


 春季リーグ成績(2部3位)

  同朋大×名城大  ● 3-7  坂野・細淵―城田 (本)鈴木   
   同朋大×名城大  ● 0-5  小沢―城田

  同朋大×名経大  ● 1-2  坂野―城田  
  同朋大×名経大  ○ 4-3  小沢―城田

  同朋大×名経大  ○ 7-5  坂野―城田

  同朋大×名 大  ○ 4-0  坂野―城田 

 同朋大×名 大  ○15-3  小沢・高田(直)・岩井・細淵・
                  高田(義)―城田
 
 同朋大×中京大  ● 1-4  坂野―城田            

 同朋大×中京大  ○10-3  小沢―城田    

 同朋大×中京大  ● 1-5  坂野―城田
  同朋大×東学大  ○ 9-1  坂野・高田(直)―城田 (本)鈴木②   
   同朋大×東学大  ● 4-8  小沢・高田(直)―城田 (本)城田

  同朋大×東学大  △ 1-1  坂野―城田  
  同朋大×東学大  ○ 4-1  高田(義)―城田


  
 

順位     優勝  名城大    10勝 3敗 勝点5
       
2位  中京大     9勝 3敗 勝点4
       
3位  同朋大     7勝 6敗 勝点3
       
4位  東海学園大   6勝 7敗 勝点2
       5位  名古屋大    4勝 8敗 勝点1

       6位  名古屋経済大  2勝10敗 勝点0

 

新人戦成績 不明

   

 秋季リーグ成績(2部3位)

   同朋大×東学大  ○ 1-3  坂野―城田    
   同朋大×東学大  ● 3-5  小沢・高田(直)―城田

  同朋大×東学大  ○ 7-2  坂野―城田  (本)美根  
  同朋大×名商大  ● 5-7  坂野・高田(直)―城田 
                  (本)美根②太田

  同朋大×名商大  ● 1-2  小沢―城田

  同朋大×名 大  ○ 4-0  坂野―城田 

 同朋大×名 大  ○ 3-1  小沢―城田
 
 同朋大×愛産大  ○ 3-0  坂野―城田            

 同朋大×愛産大  ○16-0  小沢・岩井・高田―城田    

 同朋大×名城大  ● 1-4  坂野―城田
  同朋大×名城大  ● 2-4  小沢―新井
  
 

順位     優勝  名城大    10勝 2敗 勝点5
       
2位  名商大     9勝 3敗 勝点4
       
3位  同朋大     6勝 5敗 勝点3
       
4位  東海学園大   6勝 6敗 勝点2
       5位  名古屋大    3勝 8敗 勝点1

       6位  愛知産業大   0勝10敗 勝点0

 

2004年(平成16年)
 <記事>春季は勝率の差で優勝を逃したが坂野(4年同朋)が最優秀投手に
     なる活躍で2位となり入替戦に進出した。1部昇格はならなかった
     が小沢(2年大成)・高田(2年大同)らの好投が光った。新人戦
     では過去最高となる準優勝で2年以下の新戦力の台頭が目立った。
     秋季は投打がかみ合わず5位となり3部との入替戦になってしまっ
     た。    
     

部 長 矢留文麿   監 督 戸田大介   コーチ    

主 将 錦 博一   主 務 早川慎吾   
マネージャー  赤堀仁美 上田知沙 神谷真弓 
  

卒業生 岩井弘果  坂野直也   錦 博一   三輪信吾  八代紘和
    鈴木正輝
  竹中剛志   市川真澄   佐藤 崇  雁子恵介
      大石康弘  赤堀仁美   
       


 春季リーグ成績(2部2位)

  同朋大×東学大  ○ 5-4  坂野・高田(直)―新井
                 (本)八代 
 
 同朋大×東学大  ● 3-4  小沢―新井      
                 (本)浅田
  同朋大×東学大  ● 1-7  高田(直)・坂野―新井・堀部
                 (本)美根
                

   同朋大×名院大  ○12-4  坂野・高田(直)―新井・堀部              

  同朋大×名院大  ○ 4-3  小沢・高田(直)―新井

  同朋大×名 大  ○ 5-4  坂野・高田(直)―新井
                 (本)錦 

 同朋大×名 大  △ 5-5  小沢・高田(直)―新井 

 同朋大×名 大  ○ 9-0  坂野―新井

 同朋大×名経大  ○ 2-1  坂野・高田(直)―新井  

 同朋大×名経大  ● 4-13 小沢・冨永・岩井―新井・堀部
                 (本)堀部
  同朋大×名経大  ○ 4-3  坂野―新井
  同朋大×名商大  ○ 4-1  坂野・高田(直)―新井
  同朋大×名商大  ●
 0-3  小沢・高田(直)―新井
  同朋大×名商大  ○ 4-3  坂野―新井

    

順位     優勝  東海学園大   9勝 3敗 勝点4
       
2位  同朋大     9勝 4敗 勝点4
       
3位  名古屋学院大  6勝 5敗 勝点3
       
4位  名古屋商科大  8勝 7敗 勝点3
       5位  名古屋経済大  4勝 9敗 勝点1

       6位  名古屋大    2勝10敗 勝点0

 

   最優秀投手賞 坂野 直也(同朋 4年)

     防御率 1.38

 

1部2部入替戦

 同朋大(2部2位)×中部大(1部5位)0勝2敗で昇格ならず

 同朋大×中部大  ● 1-19  
 同朋大×中部大  ● 2-3 (延長12回)


新人戦成績

  1回戦  同朋大×愛知学院大  ○ 1-0
  2回戦  同朋大×愛知産業大  ○11-4(7回コールド)
  3回戦  同朋大×名古屋経済大 ○ 3-1
  準決勝  同朋大×愛知大    ○ 3-2
  決 勝  同朋大×名城大    ● 0-3

新人戦敢闘賞 小沢 佳史(大成 2年)            

   

 

 秋季リーグ成績(2部5位)

     

 同朋大×名経大  ○ 1-0  

 同朋大×名経大  ○ 7-4
 詳細不明  

  

順位     優勝  名古屋商科大  9勝 3敗 勝点4
       
2位  日本福祉大   8勝 4敗 勝点4
       
3位  東海学園大   8勝 7敗 勝点3
       
4位  名古屋学院大  7勝 6敗 勝点2
       5位  同朋大     3勝 8敗 勝点1

       6位  名古屋経済大  2勝 9敗 勝点1

2部3部入替戦

 詳細不明 2部残留

    

 

2005年(平成17年)
 <記事> 今年度は春季・秋季ともに5位と低迷し、入替戦では名古屋産業
     大学とあたり春は何とか勝ち越して2部に残留できたが、秋は昭和
     51年に2部に昇格して以来29年振りの3部降格となった。
     要因は単純に連盟加盟校が大幅に増えたことだけではなく、東海学
     園大・名古屋産業大・名古屋経済大・愛知産業大等が野球部を強化
     (特待制度や施設整備)し連盟参加したことにより従来から参加し
     ていた大学も野球部を強化し連盟全体のレベルが上がったことでは
     ないかと思われる。

           

部 長 矢留文麿   監 督 戸田大介   コーチ    

主 将 新井康作   主 務 早川慎吾   マネージャー    

卒業生 新井康作  太田慎一   高宮孝一   浅田顕吾  遠藤雅也
      渡辺哲也  早川慎吾   益田俊輔   山本悦弘  上田知沙
      神谷真弓  杉原広美

    
 春季リーグ成績(2部5位)

  同朋大×名経大  ○ 4-0  

 同朋大×名経大  ● 7-9
  同朋大×名経大  ○ 6-3

 

 詳細不明

 

順位    優勝  名古屋商科大 10勝 1敗 勝点5
       
2位  日本福祉大   9勝 3敗 勝点4
       
3位  名古屋学院大  6勝 6敗 勝点3
       
4位  東海学園大   5勝 7敗 勝点2
       5位  同朋大     5勝 9敗 勝点1

       6位  名古屋経済大  1勝10敗 勝点0

2部3部入替戦

 同朋大(2部5位)×名古屋産業大(3部2位)
 詳細不明 2部残留
   

 

新人戦
 成績不明  

 

 秋季リーグ成績(2部5位)

  同朋大×名経大  ○ 2-1  

 同朋大×名経大  ○ 3-2

 

 詳細不明

 

順位     優勝  名古屋商科大 10勝 2敗 勝点5
       
2位  名古屋学院大  8勝 2敗 勝点4
       
3位  日本福祉大   7勝 4敗 勝点3
       
4位  東海学園大   5勝 6敗 勝点2
       5位  同朋大     2勝 8敗 勝点1

       6位  名古屋経済大  0勝10敗 勝点0

2部3部入替戦

 同朋大(2部5位)×名古屋産業大(3部2位)
 詳細不明 3部降格

 
   
 

コメントは受け付けていません。